【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2017年06月13日

『怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜』第2話今夜だよ

MBS/TBS系ドラマ『怪獣倶楽部〜空想特撮青春期〜』第2話、TBSだと今晩放送です。
この回の脚本を担当させて頂きました。
いわゆる“普通の実写のドラマ”の脚本は実は初めてだったりします。
基本的なあらすじが「怪獣マニアの青年が、ガールフレンドと怪獣倶楽部の同志に対して双方の存在を隠しながら、評論のテーマを見つけていく・・・」みたいなパターンなので、芝居で培ったあんな要素こんな要素も入れつつ書いたりしたのですが、まぁそれは置いておいて。

そういう「初めて」とか「手法」とか以上に感慨深いのは、やっぱりウルトラ怪獣モノだからですかね。
僕は小さい頃、ウルトラマンの再放送で育った子供でした。
ハマりまくっていた頃、帰りが遅くてあんまり家でも会わない父が、たまに夜遅くにウルトラ怪獣のソフビ人形を買って来ては家のどこかに置いておく、というサプライズをしてくれていたことを思い出します。

P_20170613_122808_1.jpg


あとは、このウルトラ怪獣大全集という本ですね。
ウルトラQからウルトラマン80まで(もっというとハヌマーンとかザ・ウルトラマンまで)の全怪獣を網羅した図鑑。
当時、学研の動物図鑑とこの怪獣図鑑を読みふけっていたらしく、その痕跡(a.k.a.ヨレヨレっぷり)が残っています。
今でもウルトラ怪獣関係の仕事をさせて頂くときには、引っ張り出して怪獣のこと調べたりしています。

今回のドラマ『怪獣倶楽部』は本当にあった怪獣・特撮研究サークルがモデルになっております。そして、そのモデルになった方々が、のちにこの『ウルトラ怪獣大全集』を作った方だっていうんだから、グッと来ますね。
いや、他にもいろんな特撮研究や特撮関係クリエイターとして活躍してるんですが。

まぁ、長くなりますので割愛しますが、ともあれ、「そんな思い入れのあるウルトラマン関係の実写ドラマを1話書いたよー」「TBSだと今晩25:28からオンエアだよー」という話でした。
ぜひご覧くださいませ。
http://www.tbs.co.jp/tv/20170613_4CF0.html

見られない方、放送後には見逃し配信もあるよ。
http://www.mbs.jp/catchup/kaijuclub/


posted by 冨坂 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。